特集

エリアの紹介 秋田市の修学旅行を地元学生が体験しました!

秋田市の修学旅行メニューを、地元秋田市の中学生、高校生のみなさまに体験してもらうモニターツアーを平成30年1月に実施しました。実際に修学旅行メニューを体験してもらい、同年代の学生の目線で率直な感想や意見をいただきました。その意見を参考に、秋田市修学旅行メニューのさらなる磨き上げを考えています。

今回は、2班にわかれ、次のようにAコースとBコースで体験してもらいました。
Aコース 6名 秋田駅集合-秋田城跡歴史資料館見学(ガイド付き)-【昼食】秋田市民市場で市場丼体験-杢目銅(もくめがね)体験 -意見交換会-終了
Bコース 5名 秋田駅集合-秋田大学鉱業博物館見学(ガイド付き)-【昼食】里の家できりたんぽ作り体験-アーデ・ベーで秋田De美人になろう体験-意見交換会-終了

Aコースの様子

【(1)秋田城跡でタイムスリップ】

秋田城は奈良時代から平安時代にかけて東北地方の日本海側(出羽国(でわこく))に置かれた大規模な地方官庁で、政治・軍事・文化の中心地でした。秋田城跡歴史資料館では、秋田城跡の発掘調査で出土した遺物や模型の展示を通じて秋田城の歴史を知ることができます。また、発掘調査で発見された遺構を現地に復元して整備した史跡公園にも足を運びました。
資料館でガイドさんに説明を受けながら、赤外線カメラで見ると文字が浮かびあがる秋田城へあてた書状(手紙)の1,200年前の「漆紙文書」を見たり、歴史や土器のクイズに挑戦したり、また史跡公園では奈良時代の最新鋭のトイレ「古代水洗トイレ」を復元したものを見学したりして、はるか昔の秋田に思いを馳せました。

  • 秋田城全体のミニチュアを観察。ガイドさんが丁寧に説明してくれます。


  • クイズ形式で秋田城を学習。クイズはやっぱり楽しいですね!



     
■秋田城跡紹介ページへ

弥生時代前期の集落「弥生っこ村」と奈良時代最北の守り「秋田城跡」動画あり


【(2)昼食・秋田市民市場でオリジナル丼を作ろう!】

そろそろお昼時、そんなときは秋田駅近くの秋田市民市場へGO! 体験しつつお昼を食べる楽しい企画をご用意しています。市民市場では、ごはんの入ったどんぶりを購入し、市場内の青いちょうちんが目立つお店でお好きな魚や貝、佃煮などのネタを選んでのせてもらう「市場丼」を作ることができます(この企画は普段、一般のかたもご参加いただけます)。
写真のとおり、とっても立派なマイどんぶりが完成。たとえばマグロ300円分、などお店のかたに伝えてその分をのせてもらいますが、想像以上の量にみんなびっくり、お店のかたとの気さくなやりとりも楽しく、大満足のようでした。

  • みなさんお気に入りの具材をいっぱいのっけました。いい笑顔です!


  • まぐろ、イカ、エビにホタテ…。てんこ盛りです。他に佃煮や漬け物などもあります。



     
■秋田市民市場紹介ページへ

秋田を味わう市民市場探検


【(3)杢目銅(もくめがね)体験】

次は「千貝工芸」で体験できる杢目銅体験です。金・銀・銅などの複数の金属に熱や圧力を加えて融着し、研磨等で表面に木目のような模様が生み出される杢目銅。オリジナルの指輪、ペンダントを作ることができます。講師の千貝先生の温かい人柄に触れながら、みんな真剣に作品を制作。完成したものはそのまま持ち帰ることができ、いいお土産・思い出になりました。

  • 秋田の鉱山資源が生んだ伝説の技の杢目銅(もくめがね)。先生がまずやりかたを説明。


  • 小さくて難しい!集中して注意深く作っていきます。


  • できあがったペンダント。模様がとても美しいですね。いい思い出になります。



     
■杢目銅体験紹介ページへ

杢目銅(もくめがね)体験


Bコースの様子

【(1)秋田大学鉱業博物館で知る不思議な石の世界】

秋田駅を出発後、地球の恵みを伝える日本唯一の「鉱業博物館」へ。国内有数のコレクションに海外からの熱視線も集める注目スポットです。3,300点の展示資料のうち、特に鉱物・鉱石は国内最大の規模を誇ります。今回、Bコースの参加者が全員女性だったので、特に宝石になる石のお話をガイドさんがたくさんしてくれました。美しい色、不思議な形は見ているだけで楽しいですが、ガイドさんが案内してくれるのでさらに楽しさ倍増でした。

  • 間近で見たり、触れる展示物もあります。「なんだろコレ?」「すごい!」


  • ガイドさんが学生さんでもわかりやすく説明してくれます。思った以上に楽しい石たちの世界です。

■秋田大学鉱業博物館紹介ページへ

地球の恵みを伝える日本唯一の「鉱業博物館」


【(2)茅葺き屋根の「里の家」で一から作るきりたんぽ】

Aコースは昼食は市場で丼作りでしたが、Bコースはきりたんぽ作り!雄和地域にある茅葺き屋根の「里の家(旧大宮家)」で、本格的なきりたんぽ体験ができます。地元の「お母さん」的なかたを講師に迎え、炊いたごはんをすり鉢でちょうどよくつぶし、杉の串に巻いて炭火で焼きます。炉端でじっくり炭火を見て焼いていると、ゆったり流れる時間に何か心がほっとします。焼き上がったら、きりたんぽ鍋(こちらは用意されたものです)に自分で作ったきりたんぽを投入!いつも食べているきりたんぽがさらに格別、初めて食べる県外のかたにはもっと格別かもしれません。

  • 地元の優しそうな「お母さん」先生が作り方を説明します。まずはすり鉢で、ご飯をいい具合につぶします。


  • すり鉢でご飯を「はんごろし」状態に。意外と難しい!


  • つぶしたご飯を杉の太い棒に巻き付けて、土間のいろりでじっくり焼きます。なんだかゆったりとした優しい時間です。


  • いい焼け具合!そしていい笑顔です。


  • きりたんぽを鍋に入れて煮立ったら完成。一から作るといつもと違う、おいしい!とにっこり。


  • 里の家の外観です。立派な茅葺き屋根の、なんとも趣きのある建物でした。

■きりたんぽ作り体験紹介ページへ

郷土料理きりたんぽ作り体験動画あり


【(3)気になるメニュー!「秋田De美人になろう体験」】

秋田といえば…色々ありますが「秋田美人」も有名です。そこで生まれたこの「秋田De美人になろう体験」。これは秋田市中心市街地「エリアなかいち」内にある美容総合複合施設「アーデ・ベー」で、見た目だけでなく心から美しくなるための秘訣を学ぶメニューです。女性スタッフから、まずは「正しい洗顔のしかた」をレクチャー。おしゃれな洗顔ブースで、実際に洗顔体験をしました。そして、美しい立ち居振るまいの方法を伝授。正しい姿勢の作り方、歩き方、笑顔の作り方など、ふつう、学校では教えてもらえない美しい女性のありかた、を学びました。顔のパックなどおみやげを最後にもらい、体験は終了。

  • スタッフさんから、美しさについて、レクチャー。


  • 正しい洗顔方法をおしゃれな洗顔ブースで実際にしてみます。毎日の洗顔、実はやり方間違ってたみたい!?


  • 美しい立ち振る舞いについてレクチャー。まずは美しい姿勢、そして正しい立ち方、歩き方、笑い方なども学習。ほんとうの美しさは所作からにじみ出るものなんですね。


  • 最後の方で、スタッフさんのお話を聞いているところです。キレイな座り姿になりました。

■秋田deキレイになろう体験紹介ページへ

秋田de美人になろう♪


【A・B共通 最後に意見交換会】

ツアー終了後、みんなでエリアなかいちのにぎわい交流館で、意見交換会とアンケート記載を実施しました。体験が面白かった、楽しめた等好意的なもののほか、気になったところ、改善したほうがいいところなど学生のみなさんだからこそ気づく鋭い意見をいただきました。学生のみなさんからいただいた貴重なご意見を、さらに体験メニューの質が上がるよう参考にしてきます。どうもありがとうございました!



TOPへ
TOPへ

ページトップ