特集

エリアの紹介 秋田市ってこんなところ!

緑広がる人口30万人の公園都市

秋田市は東北の県庁所在都市の中で仙台市に次いで人口が多い中核市。
その昔、重要な物流のネットワークとして機能していた北前船が寄港していたこともあり、北東北ならではとも言える自然豊かな文化と、華やかな都の文化が融合した形跡が、あちらこちらに見られます。
建物が密集する秋田駅前から少し足を延ばすと、視界に広がるのは豊かな緑の風景。
都市の便利さと自然がほどよく調和した、とても過ごしやすい空間です。

夏の夜空に揺れる光の稲穂「秋田竿燈まつり」

h22hirukanto033_600 h22yorukanto030_600
稲穂に見立てた竿燈を力と技で操り、五穀豊穣を願う東北三大祭りの一つ。
約280本もの竿燈が、大通りにいっせいに立ち上がる様は圧巻の一言。
毎年8月3日~6日に開催。国重要無形民俗文化財。
体験メニューあり!

秋田弁が飛び交う買い物天国「秋田市民市場」

ichiba001_600
鮮魚、野菜、果物、乾物から雑貨まで、ワンフロアに所狭しと店舗がひしめき合う秋田市民の台所。
おみやげ品も充実。市場らしく、早朝から営業している食堂も。
体験メニューあり!

多彩な人材を輩出する注目大学「国際教養大学」

図書館_6_600
すべて英語の少人数授業や卒業生の就職実績などで近年脚光を浴びる秋田のリベラル・アーツ大学。
本のコロセウムをテーマとしたユニークなデザインの図書館は、一般の方も利用可。
体験メニューあり!

秋田だけでしか味わえない「ババヘラアイス」

DSC00172_600
パラソルの下で、ほっかぶりをしたババ(秋田では親しみを込めて中高年の女性をこう呼ぶ)が、ヘラを巧みに使って盛り付けてくれる、どこかノスタルジックな味わいの二色アイス。
ごくまれに「ジジヘラ」も出現。

千秋公園

senshuyagura08_600
秋田駅から徒歩約10分の距離に位置する、随所に江戸時代の面影を残した城跡公園。
サクラやツツジ、紅葉の季節には、多くの市民や観光客が足を運ぶ。
体験メニューあり!

米どころ秋田の郷土料理「きりたんぽ」

458_600
炊きたての米をついてつぶし、太い串に練りつけて焼き上げるきりたんぽ。
鶏ガラのダシ汁に入れ、季節の野菜やキノコと一緒に煮込む「きりたんぽ鍋」が最もポピュラーな調理法。
体験メニューあり!



秋田市での体験メニューがいろいろ!
文化に触れる体験メニュー 自然に触れる体験メニュー 芸術に触れる体験メニュー
秋田市での体験メニューがいろいろ!
文化に触れる体験メニュー 自然に触れる体験メニュー 芸術に触れる体験メニュー
TOPへ
TOPへ

ページトップ